今年の初めに交通事故にあってしまいました。

保険会社の対応に感心した経験談
New Topics
保険会社の対応に感心した経験談

今年の初めに交通事故にあってしまいました

保険会社の対応に感心した経験談
● 31歳 : 女性の話
今年の初めに交通事故にあってしまいました。
後ろから車に突っ込まれてしまい、怪我をしてしまいました。
勿論、私は被害者で、相手が注意せずに車を運転していたという事故だったのですが、生まれて初めての交通事故で不安でしたが、保険会社の対応に感動しました。

最初に保険会社に電話をかけた時、事故状況は加害者の方からお聞きしますから、落ち着いて一刻も早く病院へ行ってくださいと言ってくれたのです。
パニック状態だった私にとって、落ち着くように言ってくれたのは、本当に嬉しかったです。

治療を行っている期間も、定期的に怪我の状況を確認してくれて、加害者との示談交渉も、私が安心できるように対応してくれました。
特に、定期的に怪我の様子を聞いてくれる担当者の方は、不安な事はありませんかとしっかりと話を聞いてくれて、全く不安を感じずに事故後の対応を進めることが出来ました。
こうした心のこもった対応は気持ちが良い、と感心した出来事です。

我が家はファミリータイプの傷害保険に加入していますが

● 45歳 : 女性の話
我が家はファミリータイプの傷害保険に加入していますが、一昨年、父が腰の骨を圧迫骨折した際、保険を利用しようと思い立ち、代理店に連絡をしました。

代理店から保険会社へ連絡がいき、改めて保険会社の担当者の方から電話連絡があったのですが、開口一番、お見舞いの言葉から始まったのには驚きました。
それと同時に、さすがは傷害保険を販売する保険会社だけのことはあると、その時点で信頼がおけると直感しました。

その後、書類の記入方法など詳しい説明を受けましたが、なかなか完治しないので、書類を出せずにいたところ、お加減はいかがですかとまた連絡があったのにも再度感心しました。

また、後遺障害が残る可能性があるとして、診断書を取りに行くよう指示され、その結果、思いがけずまとまった保険金を支払ってもらうことができました。
何も知らないこちらとしては、知らされなければそれまでだったと思うと、真摯な対応にとても感心しました。